【展示情報】
期間
2021年1月31日(日)~2021年2月14日(日)
※期間中、水曜日がやすみとなります。

せんぱくBookbaseに応援店主として入ってくださっている
タカラ~ムの本棚さん主催で
『老犬たちの涙』”いのち”と”こころ”を守る14の方法
パネル写真展を開催いたします。

児玉小枝さんの写真集『老犬たちの涙』(KADOKAWA)
に収録されている写真を展示します。
入場無料です。

【著者・児玉小枝さんのメッセージ】

私たちをこんなにも信じ、
愛してくれている老犬・老猫たちのピュアな想いを裏切り、
身も心も絶望の淵へと追いやってしまう人々のことを、
私は許すことができません。

この子たちの哀しみを、寂しさを、絶望を、
彼らの代弁者となって伝えたい。

同じ過ちを繰り返す人が、一人でも減るように、、、

そんな怒りや憤り、悔しさが、
捨てられた老犬たちを取材し、
この写真集を作る原動力となりました。

たとえどんな事情があったとしても、
彼らを見捨て、命と心を傷つけることへの免罪符にはならないと、
私は思うのです。

だからこそ、犬や猫と暮らし始める前に、
飼い始めてからも、常に自らに問いかけてほしいのです。

自分には、
この子たちの一生を守り切ることができるのか?と。

飼い始めたからには、最後まで守り切る覚悟と責任が必要なのだと。
もしもそれが不可能なのであれば、
いくら犬や猫が好きでも、
犬や猫に寂しさを癒してほしいと願っても、
ともに暮らし始めるべきではないと、私は思うのです。

私の写真を通じて、捨てられた老犬たちの想いが、声なき声が、一人でも多くの方の心に届き、彼らと暮らすことの意味や責任について自問していただけたら、、、

また、彼らの命と心を守り、救うために、自分に何ができるだろうか?

と考え始めるきっかけにしていただけたら、、、
そう願っています。

『老犬たちの涙』『”いのち”のすくいかた』店頭にて販売中