せんぱくBookbaseとは?

シェアアトリエ「せんぱく工舎」の1階に誕生した新刊古書店です。
店番と選書を約10名のシェアメンバーで運営しています。
シェアメンバーで運営する本屋なので「シェア本屋」と呼ぶこともしばしばです。

☆メンバー紹介☆

親子読書専門店NanuK


シェア本屋の店長であり、この本屋の管理者。
5・2・0歳児のいずれかを連れて店番することもままあり。

おきこぼ堂
シンガーソングライターとして25年以上のキャリアを持つ。
店名の由来はおきあがりこぼし。主に月曜日の午後を担当。

彩あい書房
辞書など、言葉に関する本を多数用意。平日の火~金の
いずれか午後を担当。消しゴムハンコが得意。

古書アルマジロ


幻想系の本を得意とする。水木しげるや手塚治虫など、
懐かしのコミックから、話題の本まで幅広くそろっています。

 

人と本と酒「みろくや」


関西と関東を拠点として活動している。吉本ばななや
本屋や本に関する文庫が並ぶ。主に土日のいずれかを担当。

 

Lighthouse


現在幕張の畑で小屋を建設中。ふだんは本屋と取次という
二足の草鞋を履いている。主に金曜日のいずれか午前を担当。

晴山屋
主に平日いずれかの午後を月2回ほど担当。専門は『怪盗ルパン』
や松岡侑子訳の『赤毛のアン』。選書にはオススメモが入っている。

Luftshulos
ルフトシュロス。言葉の意味は「空中楼閣」。児童書や画集が多い。
児童書は子供でも手に取りやすい価格で提供している。現役書店員。

ことのは文庫
月曜または土日のいずれか午後に店番を担当。閲覧用の棚となり、
本に関する本や物語を展示している。

て、わたしブックス
日本の詩と世界の詩を紹介するリトルプレス「て、わたし」発行人。
主にせんぱくBookbaseのデザインを担当。

ししゃもブックス
民俗本もあれば、もう手に入らない絵本まで幅広くそろえている。
ときにはお宝の写真集まで。珍しい本が並ぶ。

きいろいふね
期間限定の本屋さん。韓国語は閲覧のみ。日本語は販売専用。
8月11日の「韓国絵本の会」では韓国文化を楽しめる絵本を紹介予定。